目の下のクマ 原因 治す方法

目の下のクマ

目の下のクマは、老けて見えたり、疲れて見えたりと、顔の印象に大きく影響を与えてしまいます。
目の下のクマには、種類があり、それぞれのクマには原因があります。
クマを治す!解消するためには、それぞれのクマに合ったケアをするのがおすすめです。

 

目の下のクマの種類は、全部で3種類。
自分のくまがどのタイプなのか?見分け方をご紹介
まずは、自身のくまを軽く目尻を優しく横に引っ張ってみます。
その時のクマの状態でどのタイプのくまなのかわかるんです。

●青クマ
皮膚を軽く引っ張ると、クマは動かない。そしてクマが薄くなるのが青クマの特徴。

 

●黒クマ
皮膚を引っ張ると、クマの色が消えて見えなくなる。
目の下にくぼみができ、その影がクマに見えるのが黒クマ。

 

●茶クマ
皮膚を引っ張っると、皮膚と一緒にクマも引っ張られて動く。そしてクマが薄くならない。
小さなシミやそばかすのような集まることで茶色く見えている

 

※混合タイプのクマ
気が付かないうちに複数の悩みタイプを同時に抱えている混合タイプであることもあります。

 

青クマの原因と青クマを治す方法

目の下の皮膚は、顔のパーツの中でも特に薄く、厚さがわずか0.5mm~0.6mmしかありません。
そのため、他の皮膚に比べて透けやすい部分です。
目の下は、皮膚が薄いために、目の周りの毛細血管の血流が滞ることで、青黒く透けて見えてしまいます。これが青クマです。加齢だけではなく、生活習慣に関わり10代でも発生するクマです。

 

 

 

青くまの原因

青クマは、血行不良によって発生する目の下のクマです。
目の下の皮膚が特に薄い人は、特に青クマが目立ってしまうという方もいます。
青クマの原因は、次のようなことがあげられます。

 

・睡眠不足
・疲れ
・ドライアイ
・ストレスによる
・低体温、冷え性
・目の疲れ(眼精疲労)
・肌の乾燥

 

血行不良は、目もとだけではなく体全体の血行不良が原因にもなります。肩や首がこっているという方は要注意です。

 

青クマを治す方法

 

1・血流改善
血行を改善することが青クマを治すことに直接関わります。
目元の血行を良くするために・・・蒸しタオルを使って目の下を温めることやマッサージもおすすめです。

 

2・良質な睡眠をとる

 

3・眼精疲労対策
パソコンやスマホの使い過ぎも血行不良になり青クマを悪化させてしまいます。
適度に目を休めましょう

 

4・冷え性対策
乾燥と冷えが厳しい冬の時期に起こりやすいのも青クマ。
体を冷やさない生活習慣を取り入れましょう。

 

5・目元ケア
黒クマを解消する目元ケアには、血行を改善するスキンケア効果のあるアイクリームがおすすめです。

 

黒クマの原因と黒クマを治す方法

黒クマは、目の下に黒く影ができてしまい黒く見える黒クマ。
青黒く見える黒クマの原因は次のようなことがあります。

 

 

加齢による皮膚痩せ

 

加齢に伴い、お肌のコラーゲンが減少するとこれまで保たれていたふっくら感やお肌のハリが失われてしまいます。これにより皮膚が痩せてしまいます。
コラーゲンやエラスチンが減少し、目元の皮膚にたるみがみられることで影ができてしまいます。

 

また皮膚は痩せることで、目の下の皮膚が薄くなり下の色素が透け、内側の影を作りやすくなってしまいます。

 

 

黒クマを治す方法

皮膚痩せによる黒クマ対策には、目元のスキンケア、エイジングケアが大切。
加齢によって失われた目元のハリと弾力を与えるための成分がを配合したアイクリームおすすめ。
また、お肌の乾燥は肌の老化の原因となるので目元の保湿ケアも大切です。

 

茶クマの原因と茶クマを治す方法

目の下が茶色くくすんで見える茶クマ。
目の下に蓄積されたくすみによって茶色く見えています。

 

 

紫外線のダメージや、刺激によるダメージによって起こる色素沈着が茶クマの正体。
茶クマの原因は次のようなことがあげられます。

 

●メラニン色素
目の下の色素沈着の原因は、メラニン色素。
・紫外線のダメージ
・目のこすりすぎ(洗顔や目元をこする行為など)
・化粧品による刺激

 

●ターンオーバー(肌の新陳代謝の乱れ)

 

●古い角質や汚れの蓄積による茶クマ

 

茶クマを治す方法

茶クマ対策には、色素沈着を起こさないためにも、何気ない日常の生活にも気を付けましょう。

 

1・UVケア
紫外線を浴びると、生じてしまった色素沈着を増悪させることに繋がってしまいます。
紫外線対策をしっかりとしましょう

 

2・目元をゴシゴシこすらない
花粉症や疲れ目など、日常生活において無意識に目をこすってしまうことは多くあります。目の下の茶クマで多い原因でもあります。
ゴシゴシとこすった時の刺激がメラニン色素を生んで茶クマの原因となってしまいます。
また、洗顔の際の摩擦にも中止が必要です。
特にアイメイクは落としにくく、ゴシゴシと洗ってしまいがちです。
アイメイクに合ったクレンジングを利用して、負担をかけずにメイクを落とすようにしましょう。

 

3・ターンオーバーを促進する
お肌の生まれ変わり能力であるターンオーバーを促して、メラニンを含んだ角質を排出。肌の新陳代謝をアップさせるための保湿効果などのスキンケアも大切です。

 

4・目元のスキンケア
色素沈着の茶クマには、メラニンを発生させるチロシナーゼのはたらきを抑える効果が期待することができる美白成分が有効です。また、ターンオーバーを促進効果のある成分や、それに繋がる保湿成分でのケアがおすすめです

 

目の下のクマ対策におすすめのアイクリーム

血行を良くする効果の成分を配合したクマ対策のアイクリームがおすすめ!

 

●目の下のクマに特化したアイクリーム「アイキララ

 

目の下

 

●トータル的な目元ケアをすることができる「メモリッチ

 

目もと用クリーム

 

●3秒でクマを隠す!「アバローリンクルリフト スティックセラム

 

5239